ファームウェア SM-N950F — Samsung Galaxy Note8

下記からデバイス Samsung Galaxy Note8、モデル SM-N950F 用のファームウェア バージョン N950FXXU3CRC1 の直接ダウンロードリンクを探してください。

 

変更点:

Android Oreoに対応したSamsung Experience 9.0のアップグレード

Samsung Experience 9.0は、ユーザーの皆様からのご意見に基づき、SamsungとGoogleによる今までにない新機能を備えたAndroid Oreoを提供します。

アップグレードの際は、大切なデータを守るためにデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。
Samsung Pay、Samsung Internet、Samsungノート、Eメールなどのアプリは、OSのアップデート前に個別にアップデートしておく必要があります。

新機能の情報は以下のとおりです。

生体認証
セキュリティを改善するには、安全な画面ロックの種類(パターン、PIN、またはパスワード)を使用している場合のみ、生体認証(顔、指紋、虹彩)を使用した機能を使用できます。安全でないロック画面の種類(スワイプまたは「なし」)に変更した場合、ロックを解除する際やSamsung Pay、Samsung Passなどのアプリで認証を行う際の生体認証は停止します。現時点で安全な画面ロックの種類を使わずに生体認証を使用している方は、アップグレード後も引き続き使用できますが、安全な画面ロックの種類に変更することをおすすめします。

クイックパネル
- 通知カテゴリでアプリごとの通知を管理(対応アプリのみ)できます。
- 現在非表示になっている通知用の通知パネル下部にアイコンが表示されます。

ホーム画面
- アプリをタッチしたまま長押しして、アプリ内の共通タスクまたは推奨タスクへのショートカットを表示させることができます(対応アプリのみ)。
- アプリアイコンの通知バッジに通知パネルへのリンクが設定されました。一箇所で通知を消去でき、他の場所で消去することもできるようになります。

Samsungキーボード
- ツールバーから便利な機能に素早くアクセス。
- GIFキーボードからGIFを送信。
- よりハイコントラストなキーボードが使用できます。

システム性能
- 性能とバッテリー寿命を改善するためにバックグラウンドサービスは制限されています。
- 現在稼働中のアプリは通知パネルに常に表示されています。

Edge画面
- Edgeパネル視認性向上のためにフォントサイズ、カラーなどの設定を改善できます。
- Edgeパネルハンドルをタッチしたまま長押しして位置を変更できます。
- 3つのEdge照明効果とカラーカスタマイズがアプリに追加されました。 

ロック画面と常時表示画面
- 新しい時計スタイルのロック画面と常時表示画面。
- 通知の透明度を調整してお好みの表示を設定できます。

Smart View
- 携帯電話の画面を、別な画面にミラーリングするときに暗くできます。

Samsungアカウント
- 複数のアプリのアカウント設定とプロフィール情報を管理できます。
- メインの「設定」ページのプロファイルの絵をタップして、プロファイル情報とアカウント設定にアクセスできます。

Samsung Cloud
- Samsung Cloudのみに保存された写真とメモを表示/管理できます。
- どんな種類のファイルでもSamsung Cloud Driveに保存できます。
- バックアップから削除/復元する特定のアイテムを選択できます。
- 個々のバックアップの大きさとアイテムが何件含まれているかを確認できます。

Samsungデュアルメッセンジャー
- 2つ目のメッセージングアプリのコピーをインストールするので、2つのアカウントを同時に使用できます。アプリでは電話番号を使用してアカウントを認証するので、アカウントごとに異なる電話番号が必要になります。
- ホーム画面またはアプリ画面のメッセージングアプリをタッチしたまま長押しして、2つ目のアカウントをインストールするか、[設定] - [高度な機能] - [デュアルメッセンジャー]

Find My Mobile
- スマートフォンを紛失した際、セキュアフォルダを遠隔操作でGalaxyクラウドにバックアップ。
- Find My Mobileを使用してSamsung Passをロックできます。

Samsung DeX
- マウスを使わずに、スマートフォンをタッチパッドとしてGalaxy Dexを操作。
- お使いのスクリーンに合わせられるよう、各種解像度(HD+/FHD/WQHD)に新規対応。

その他の改善
- BluetoothがAACやSony LDACなどの高音質コーデックに対応。
- ビデオプレイヤーに自動リピートと2倍速再生のオプションを追加。
- ビデオレコーダーでは、録画中の着信ブロックを容易にする便利なヒントが提供されるようになりました。
- Eメールでは、Microsoft Exchange ActiveSyncメールのフラグを設定できます。
- Samsung Healthでは、新しい固定通知機能により、歩数をすぐに確認できます。
- 時計では、横長モードやタイマー音声などのオプションに対応しました。
- デジタル時計ウィジェットでは、ウィジェットをタップすれば時計アプリに直接移動できます。
- Samsung Passには、サードパーティアプリのユーザー名とパスワードを管理できる機能が追加されました。
		
                                

ファームウェア書き込みに必要なもの:
- Odinツール
- サムスン デバイスドライバ (をダウンロード)

書き込みガイド:
1. 書き込みたいファームウェアを含むzipファイルをダウンロードし、解凍します。
2. Odinツールを開きます。
3. 「ダウンロード モード」であなたのデバイスを起動します:
ダウンロードモードがアクティブになるまで、ボリュームダウンボタン、電源ボタン、ホームボタンを同時に5〜8秒間押し続けてください。

4. ダウンロードモードになっているあなたのデバイスをUSBケーブルでPCに接続します。
5. 次に、Odinツールの「オートリブート」と「F. リセットタイム」オプションにチェックを付けます。
6. AP/PDAボタンを押し、解凍したフォルダの中からtar.md5ファイルを探して選択します。
7. 最後にスタートボタンを押すと、あなたのデバイスへのファームウェアアップデートの書き込みが開始されます。